こんなにある!前撮りで欲しい写真を撮っておくメリット!

  • 2021年11月27日

1パターンだけではもったいない!

結婚式・披露宴は一生に1度の晴れ舞台。人生の主役になって、参列者全てに祝福してもらえる大切なイベントです。目一杯着飾って、1番きれいな自分を見てもらいたいと考えるのは自然な発想。1ポーズだけではもったいないです!
お色直しに新郎新婦が少しの間会場を離れるのはよくある話。しかし、あまり長く席を空けておくわけにもいかないのでせわしなく着替えないといけないですし、中座するのは1回が相場です。つまり、多くても2ポーズしか着られず、それでもかなりスケジュール的にはタイトになります。それならば、事前に前撮りをしておくのがグッド!着替えやメイクには目一杯時間をかけられますし、写真もいろいろなシチュエーションで撮影することができます。

前撮りは和装が特にオススメ!

披露宴で和装を選択してしまうと、実質お色直しは難しくなってしまいます。ヘアメイクだけでも大変ですし、限られた時間で脱ぐのも一苦労。しかも式の最中、リラックスすることも難しくなってしまいがちです。そんな側面から、前撮りで和装を選ぶカップルは増えています。

朝からじっくり時間をかけて昼に完成し、そこから撮影というスケジュールでもたくさんの写真を撮れるのが前撮りの良さ。室内で落ち着いた雰囲気の写真を撮るのもよし、屋外で風景込みの美しい一枚を残すのもよしです。欲張ってどちらも撮りたい!というパターンも多く、たくさんカメラに収めておいて後からじっくり選ぶことも簡単です。

時間的な余裕があれば結婚式までに現像して引き伸ばしておいて、みんなに見てもらうのも素敵!話のタネにもなりますし、キメキメの一枚を得意げに展示しても、この日ばかりは嫌味になりません!

前撮りでは、おめでたい行事である七五三、成人式、結婚式などの特別な写真を本番前に撮影することができます。